新日本歳時記/寿禄会版・春節祭new

   

◎今日の一枚/長崎ランタンフェスティバル

 15000個もの極彩色のランタンや、幻想的な光のオブジェが街じゅうを埋め尽くす、長崎の冬の風物詩。コロナ禍による中断を乗りこえ、待望の「長崎ランタンフェスティバル」が3年ぶりに復活した。もとは旧暦で正月を祝う中華街の人々の「春節祭」が市全体に広がったもので、「皇帝パレード」や「龍踊り」「中国雑技」など異国情緒あふれるイベントも開催。15日間で100万人の観光客で賑わう。

撮影者

市丸 幸子(理学療法士Oさん代撮)

 お世話になっているOさんが「長崎ランタンフェスティバル」に行くというので撮影をお願いした。長崎には行けなかったけど、福岡にも大きなキャリーバッグやハイブランドの紙袋を抱えた一団(私が目撃したのは、FENDIのロゴが眩しい大きな紙袋を肩にかけた3姉妹、ん? 100万円超えのバッグかな?)が来襲。春節を祝う皆さんの賑わいが3年ぶりに復活した。お陰で日ごろはすいすい買い物できるテイクアウトやタクシーも、大行列に並ぶことになった。

撮影日

2023年2月4日

撮影場所

長崎市内

 

 ◆こちらは眼鏡橋を彩る
ランタン       

 

 

 

 - 歳時記