『マンホール・シリーズ(2)堺市②:南蛮図屏風』new

   

 

 

 koya tanaka 田中 功也

 

 

 

信長、秀吉の時代から南蛮貿易で栄えた歴史を持つ堺市。

堺東銀座の南北の通りのマンホールには、南蛮図屏風が描かれている。

堺市の休日の繁華街は、コロナ前に変わらぬ人出が回復している。

百貨店の地下のレストラン街の店はどこもいっぱいで、目指す店には入れなかった。

 

 

 

 - 寿禄会インスタグラム