福高寿禄会|福岡県立福岡高等学校16回卒業同窓会|

福岡県立福岡高等学校16回卒同窓会のホームページへようこそ。

今迄の合計閲覧頁数 現在の閲覧者数:

天使がいるバーで 800文字のものがたり 第1話

      2018/10/21

 
あの夜と同じ、セプテンバー・モーンをオーダーした。

「バリ旅行のことを思い出すと、身体も心も風になっていく」
と、慎一は言った。

「また恋をしたのか!?」と、洋輔がまぜ返した。

「ヴィラはパームツリーの林の中にあって、一番奥には海に面したビーチバーがある。
そこで初めて彼女と出会ったんだ」
慎一は、運ばれてきた淡いピンクのカクテルを見つめながら言った。

「8つのヴィラのうち、日本人は僕たちだけで、二人はすぐに仲良くなった」

「いつものパターンだな」
洋輔は笑いながら、残り少ない水割りを飲み干した。

「バリは神々が宿ると言われる島だ。僕たちも聖なる山グヌン・アグン
の聖水の泉を探して、月明かりの中を歩いた。そして迎えた9月の夜明け。
ハチミツ色の海の向こうに昇った、金色の太陽が忘れられない」

「おいおい、マドリードで出会った娘はどうした? インドの彼女はどうなったんだ?」

「聞いてくれ、今度ばかりは今までと違う、運命の女性なんだ。次に会ったらプロポ・・・」
慎一が言い終わらないうちに、洋輔の席に美しい女性が近づいてきた。
すっかり短くなった秋の陽が落ち、バーに灯がともった。

「紹介しよう。こちらフィアンセの亜沙子さん。今度俺、結婚することにしたんだ、
つい5日前に見合いをしたばかり・・・」
洋輔がクールに言い、隣で彼女が極上の笑顔で「初めまして・・・」と挨拶をした。

「二人とも仕事が忙しいから、慎一みたいに恋愛なんて無駄なことをしている暇が
ないんだよな、彼女も海外出張から帰って来たばかりで・・・」
洋輔が言い、亜沙子がうなずくのが見えた。

「おめでとう」

「お前もそろそろ落ちつけよ。女性なんて、みんな同じだぞ。
ところで、「次に会ったら・・・」の後は何だ?」

「いや何でもない。おまえの言う通りだな、いつも洋輔にはかなわない・・・」

別れぎわ、亜沙子の唇が洋輔に見えないように、
「ゴ・メ・ン・ナ・サ・イ、ア・リ・ガ・ト・ウ」と動くのを、慎一は確認した。

 

《セプテンバー・モーン》

 

 

 
9月の夜明けという意味のカクテル。ホワイトラム4/5、フレッシュライムジュース1/5、
卵白1個分、グレナデンシロップ適量をシェイクすれば、ピンク色のカクテルの出来上がり。

 

 

 

 - コラムの広場