分散初詣new

   

 

 

コロナ禍で分散しての初詣が求められている。

10日、近くの山寺と小さな神社に詣でる。

例年の正月三ヶ日と違って、人もまばら。数家族のみの寂しい初詣となったが、その分ゆっくり平穏無事を祈ることができた。

肌を刺すような寒さが続き、境内の一角にはお寺心尽くしの焚き火が燃えている。

しばし手をかざして暖をとり、帰途につく。

 

 

 

 - 寿禄会インスタグラム