コロナ禍の晩秋の雲new

   

 

 

shigeru fujimoto 藤本 茂

 

 

 

毎朝、近くを散歩していていたこども園(幼稚園+保育所)でも、コロナが発生したとのことで、だんだん身近にコロナが近づいているようで気味が悪いが、毎朝の散歩はコースを変えて欠かさずに続けている。

散歩中に見るのは民家に咲く綺麗な花か、頭の上一杯に拡がる空の雲であるが、以前報告した「朝焼け雲」に続いて、今日は晩秋の綺麗な雲を見かけたので紹介する。

今朝の散歩時に、晩秋の空高く広がった綺麗な雲を撮ったものの、種々検索したが、うろこ雲のようでもあり、すじ雲のようでもあるが、今ひとつその名称はさだかではなかった。

これらの雲のように、コロナもどこか遠くへ早く飛んで行ってくれて、すっきりとした気持ちで新年を迎えたいものである。

 

 

 

 

 - 寿禄会インスタグラム