福高寿禄会|福岡県立福岡高等学校16回卒業同窓会|

福岡県立福岡高等学校16回卒同窓会のホームページへようこそ。

今迄の合計閲覧頁数 現在の閲覧者数:

【028】関西花の寺第十三番霊場 法金剛院

      2019/05/16

 

  koya tanaka 田中 功也

【028】

 

 

 

【028】関西花の寺第十三番霊場 法金剛院/京都市右京区

 

―京都十三仏第十番霊場・関西花の寺第十三番霊場―

法金剛院は京都市右京区花園、JR嵯峨野線「花園駅」のすぐ前にある。香椎中学・京都花見同窓会で4月11日午後3時頃訪れる。寿禄会からは関西在住の4人、藤本、松本、山本(村井)、田中と福岡から馬渡が参加した。雲が多いものの青空が広がり、まずまずの花見日和。時折吹く風は冷たいが、満開のソメイヨシノ、紅枝垂れなど、満開の桜を楽しむことが出来た。

法金剛院は律宗・唐招提寺に属し、平安時代の初め、天長の頃(830年)右大臣清原夏野が山荘を建て、死後、寺として双丘寺(ならびがおかでら)と称した。珍花奇花を植え、緒帝の行幸を仰いだ。殊に仁明天皇は内山の景勝を愛で、五位の位を授けられたので、内山を五位山(ごいさん)という。天安2年(858)文徳天皇が大きな伽藍を建て、定額寺に列し天安寺とされた。

平安時代の末、大治5年(1130)鳥羽天皇の中宮待賢門院が天安寺を復興し、法金剛院とされた。五位山を背に中央に池を掘り、西に西御堂、南に南御堂、東に女院の寝殿が建てられ、庭には瀧(青女の瀧)を造り、極楽浄土を模した庭園とした。その後、三重塔、東御堂、水閣が軒を並べた。桜、菊、紅葉と四季折々の景観は見事なもので、西行はじめ多くの歌人が歌を残している。

鎌倉時代になって、円覚十万上人が融通念仏を広め、寺門を復興したが、応仁の乱、天正、慶長の震災で堂宇を失い、元和3年(1617)照珍和尚が本堂、経蔵などを建立したが旧に復することは出来なかった。

本尊は、阿弥陀如来(重文)。他にいずれも重文の僧形文殊菩薩、地蔵菩薩、十一面観音菩薩、同逗子、後陽成天皇御宸翰(重美)、蓮華式香炉、金目地蔵がある。

蓮の寺としても有名で、世界中の蓮を集め、苑池や鉢に植えている。極楽に咲くという蓮の花は清楚、華麗で、見頃となる7月は多くの観光客で賑わう。

 

 

 

 - 御朱印わんだーらんど